施術内容

ドライカット

blan noirではカットは
いったん髪を完全に
乾かしてから切る

ドライカット

という手法でカットさせて頂いています。

一般的なカットは
濡れた状態の髪を切ります。

そして大体切った後に
軽く乾かして
微調整をするとおもいます。

ドライカットの場合
髪を乾かしてから切るので
シャンプーしてからカットに入るまでに
ドライしなければいけないので

余計に時間がかかってしまいます。

それでも僕がドライカットをする理由は

・髪が乾いた状態と濡れた状態の髪
の誤差を気にしなくていいため、
再現性の高いカットができる
・梳きばさみを最大限有効に使える
・ゲストごとに生え癖や癖の度合いを把握できる

詳しい説明をすると、
(少し長くなってしまいますが
読んで頂けると幸いです)

家を出る時
ほとんどの方は

髪が乾いている状態で
外に出かけるはずです。

そのいつもの状態でカットを
することにより
再現性の高いヘアスタイルを提供できる
と考えています。

また、髪の毛は濡れている時と乾いている時
で長さが実は変わります。

濡れている時に比べて
乾いた時は
髪は縮むんです。

しかもこの縮む長さの度合いは

髪質、スタイルによって

違います。

この差をあらかじめ完全に理解するのは
不可能です。

なので乾かしてからカットをすることによって
この誤差をなくし、
さらに狙いどうりのカットができると考えています。

もう一点は
濡れている髪は
水が接着剤のようになり、
髪同士がくっつきます。

お風呂からあがってドライヤーをするときに
乾かし始めは
髪が束のようになっていますよね。

この状態でカットをすると、

毛先が揃いすぎてしまったり
梳きバサミを入れた跡が
ついてしまったりしやすくなります。

毛先が揃いすぎる

ぱっと聞くとそんなに悪いことではないように
聞こえますが

カット直後は良くても、

髪は1本1本の成長周期が違う
(伸びる速度が違う)
ため、
すぐカットラインが歪んでしまったりして、
スタイルとして持ちの悪さに直結します。

その問題をドライカットをすることにより、
揃いすぎてしまう現象を回避できると考えています。
また、濡れている状態と違い、
髪がくっついていないので

梳きばさみで1本1本の髪を見ながら
カットできるので毛両調節だけでなく、

全体のシルエットもイメージしながらカット

を進めることができると考えています。

濡れている髪と
乾いている髪

もう一つの大きな違いは
濡れた髪はクセがわかりにくいということ。
髪のクセはを人によって全然違います。

濡れている時はうねって見えても、
乾くと直毛に近くなったり・・・
乾かすと膨らみやすかったり・・・
つむじが1つだったり、
2つだったり・・・
前髪だけクセが強かったり・・・

本当に人によって
十人十色
なんです。
この癖の出方も1度
乾かすことによって
癖をある程度把握することができます。

細かいことはまだまだあるんですが(笑)
これが僕のカットについてのこだわりです。

ドライカットについて長々と書きましたが、

もちろん!
ゲスト毎の
髪の悩み、ライフスタイル、
希望、理想

をしっかりカウンセリングさせていただいた上
でカットをさせていただいております。

ドライカットのこだわりは
あくまでも僕が正確にカットするためであり、

ゲストの希望どうりにカットするための手段

でしかないですから(^^)

 

----------------------------------
hair blan noir
滋賀県湖南市石部中央4-3-27
0748-70-3106
----------------------------------

----------------------------------
hair blan noir
滋賀県湖南市石部中央4-3-27
0748-70-3106
----------------------------------

-施術内容

Copyright© hair blan noir , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.