滋賀県 湖南市 石部 美容室・美容院blan noir ブラン ノアール

トリートメント 2

トリートメント 2





トリートメント1の続きです。





前回トリートメントすると




ヘタしたら髪が傷む!




って書きました。



どういうことかっていうと‥‥




ph




がまた、関わってくるんです。




サロンでするトリートメントは
大体ステップトリートメントっていって、
まずAをつけて、そのあとBを付けて、
時間を置いて、Cを付けて流す。




みたいなやつが多いです。




まずAの役割から。


Aは、髪の毛へのトリートメント成分
の浸透を高めるため、


アルカリでキューティクルを開きます。




Bは髪のダメージによって失われた
成分を人工的な成分によって、
補充します。




最後のCは、
髪表面に皮膜をガッツリ巻いて、
Bで入れた成分が出てこないようにします。




大体こんな感じですかね?




‥‥‥どう思いましたか?






そう!!




アルカリが入ってるんです。


アルカリが髪に悪いのなんて
分かり切っているのに、
それが入っている。




言ってしまえば
弱いパーマを毎回かけているのと一緒
です。
使い方を間違えば、
カラーの変色、パーマのダレ
を起こします。




僕もこういうトリートメントを
ずっと
髪が良くなると信じて使ってきました。




でも、ダメージに悩んでいるゲストに
トリートメントを続けても別に




治癒、回復なんかしなかった‥‥




これが現実だったんです。




ゲストがそれをわかって
納得しているのならいいんですが、
そんな事はないと思うし、
理解してない美容師もたくさんいる
と思います。




次はなぜ、美容師は
トリートメントを勧めるのか?
を書きます。











ランキングに参加しています(^-^)/
↓1クリックご協力お願いします!↓

ブログランキング・にほんブログ村へhttp://www.blogmura.com/
にほんブログ村

コメント


認証コード2164

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional